四季の扉、九色の窓

四季の彩りを画像で綴ります

--年--月--日: スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告 / TRACKBACK(-) / COMMENT(-) / PAGETOP
2005年09月27日: 秋、一粒
団栗

一粒のドングリが落ちてきた
傾いた路面をひとしきり転がって止まる
小さな頃は、袋いっぱい集めたけれど
そのあと、どこに仕舞ったのか
もう覚えていない

スポンサーサイト
23:35 etc自然風景 / TRACKBACK(0) / COMMENT(2) / PAGETOP
2005年09月27日: 光の条
月例12

レンズの小さなカメラを通した月はちょっと貧粗だが
それでも丸々太ってきた月の南部の山地に見えている
コペルニクスから伸びる光条が目立つ
しかし、望遠鏡で倒立像を見慣れたせいか
どうも本来の姿の正立像のほうが、見慣れぬ顔に見える
鏡ばかりで見慣れた自分の顔の鏡像と
ビデオでみる正立像の関係とも似ている


23:29 天象 / TRACKBACK(0) / COMMENT(0) / PAGETOP
2005年09月24日: 秋の雨季
来たかな?

雨の匂いを感じて目覚める
秋の長雨のはじまりか

13:24 etcいきもの / TRACKBACK(0) / COMMENT(2) / PAGETOP
2005年09月24日: 稲穂の香る里
稲刈

山間の小さな集落も
稲刈りの季節
なんとも懐かしい稲穗の匂いが
立ち込める
13:21 構築物・生活 / TRACKBACK(0) / COMMENT(0) / PAGETOP
2005年09月24日: 秋の彼岸に
彼岸花

秋分の日、やはりこの花
小川のせせらぎを背に
里山に咲き誇っていた

13:17 草・花 / TRACKBACK(1) / COMMENT(0) / PAGETOP
2005年09月07日: 朝空に山浮かぶ
瑞牆山の朝

白み始めた東の空に
瑞牆山がその姿をクッキリと現した
山の朝はいつも心爽やかだ


星を見た翌朝、目の前に城壁のような
瑞牆山がそそり立っていた
その特徴ある稜線も
空の透明感に一層際立って見えた
22:39  / TRACKBACK(0) / COMMENT(0) / PAGETOP
HOME


Copyright © 2004 Powered by FC2 All Rights Reserved.
Photo by Butterflyxxx  Template by lovehelm
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。